判断が溜まる

興信所と探偵事務所の違いとしては、別段変わりは無いと言ってもよろしいでしょう。

共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな違いのない仕事です。

しかし、あえて言うと、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。

浮気調査に対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるようです。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。

短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。相手に気づかれないで誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、しっかりした機材と技術が必要になります。

せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。

浮気調査を探偵が依頼されたときは、超小型のカメラを用意するなどして相手が知らない間に鮮明に写真におさめることができます。

浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。

難しい調査ではありません。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば良いだけです。

日々の仕事に出掛ける時間、帰宅した時間、電話が掛ってきたなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功した場合でないと報酬が得られないという不安があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

その結果として、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼することが重要なのです。

浮気の証拠をとらえるためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

とはいえ、探偵への調査依頼は結構なお値段なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。
詳細はこちら

探偵に浮気の調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所ごとにも調査料は変わってきますから、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。