そして彼女に比べてあなたはこうだったよな

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査が必要とする時間は減るので、調査費用は安くなりますよね。

そうはいっても、浮気をしているときが特定できているなんていっても、知人に相談して写真撮影をお願いすると、多くが失敗するに違いありません。

ひそかに証拠を握りたいときにはプロに任せるのが一番でしょう。

離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

しかし、単独で行くのは、喧嘩になりやすいので、できるだけ避けましょう。

信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に頼むことをお勧めします。

わけもわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵に依頼する方が、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自ら浮気調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。探偵の場合には、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に自分の所属を明かして公然と調査を行うことが多いです。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、一方、興信所は情報を集めることが上手だと結論できそうです。

洋服の好みが変化してきたら、よくない兆候です。浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。

突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをセレクトし出したら、大変よくない兆候です。

その時、お洒落な下着を身につけるようになったら、浮気をしているかもしれません。

不倫した二人に慰謝料を請求する側になったとすれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければなりません。
わくわくメール

もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、貴方に届けてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を用意してくれるでしょう。