妊娠中の大事選びには注意が必要であり

両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠を望むなら、まずは体作りです。栄養バランスの良い食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

D娠をきっかけに病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

あるいは、野菜も代表の一つですね。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は加熱すると失われやすいというリスクを理解し、十分な葉酸摂取を心がけてください。

様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。フルーツでは、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースで補うのも良いですね。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
詳細はこちら

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。